症状別、オススメの足首用サポーター

実際に柔整師にオススメされる症状別のサポーターです。
症状に合わせ使い分けてください。

(by 聖徳太子)

当サイトオススメのアフターサポートがしっかりしているオススメショップ

歩行で痛みが出る人にオススメのサポーター

ザムスト(ZAMST) A2-DX
固定度 ★★★★★(5.0)
動きやすさ ★★★★☆(4.0)
痛み軽減度 ★★★★★(5.0)


ザムストA2-DXは競技スポーツ・リハビリでの使用も想定した、ハードサポートの足首用サポーターです。
しっかりとした固定力で、内反・外反の動きをガードします。
足底ストラップとX(クロス)ストラップによって、動き悪さはほとんどありません。

こんな人におすすめ

歩行で痛みが出る人にオススメです。
左右のくるぶしの位置の違いなど細部に至るまで作り込んであるため、しっかりと固定してくれます。

軽いジョギング程度で痛みが出る人にオススメのサポーター

ザムスト(ZAMST) A1ショート
固定度 ★★★★☆(4.0)
動きやすさ ★★★★★(5.0)
痛み軽減度 ★★★★★(5.0)


ザムスト(ZAMST) A1ショートは、スポーツを中心に、日常生活にも対応できる足首用サポーターです。

足首のグラつきを軽くガードします。動きやすさを重視したショートタイプです。

動きにくさはほとんどなく、軽いジョギング程度で痛みが無ければ、こちらの商品がおすすめです。

こんな人におすすめ

軽めのジョギング程度で痛みが出ない人。
ショートタイプで目立ちづらいのでオススメです。

これから捻挫を予防したい人にオススメのサポーター

ザムスト(ZAMST) FA-1
固定度 ★★★☆☆(3.0)
動きやすさ ★★★★★(5.0)
痛み軽減度 ★★★☆☆(5.0)


足首用サポーターザムストFA-1は、本体のかさばりを抑えており、装着した状態でも簡単にシューズを履くことができます。
運動用や手軽に使用したい方におすすめです。

捻挫の痛みを軽減したり、治療という面では役にたたないかもしれません。
スポーツをされる人は今後の捻挫予防として、購入をおすすめします。

こんな人におすすめ

捻挫を予防したい人。
すでに捻挫をしてしまった方もザムスト(ZAMST) FA-1を使用していれば、もっと軽い症状で済んだかもしれません。

サポーター選びのポイントまとめ

捻挫は症状の重度によって、痛みの出る可動範囲は違います。
痛みが強い人は筋や関節が傷ついているわけですから、より、固定力の強い商品を選んでください。

病院でレントゲン一枚取るのに1万円取られるなら、サポーターを購入して、1-2週間様子を見てセルフケアすることが治療への近道です。自宅にちゃんとしたサポーターが一つあるだけで安心ですね。

セルフケアについては、「自分で治せる(セルフケア)捻挫の症状」をご覧ください。
一日でも早い回復を願っています!

足首の捻挫サポーターのポイント

足首の捻挫用サポーターだけでもたくさん種類があって迷ってしまう。
柔整師にアドバイスを頂いて、症状別オススメのサポーターを選んでいただきました。

オススメのメーカーはZAMST(ザムスト)です。
直販サイトで購入できることがポイントです。

       →  サポーター選びの基本知識はこちらから

必ず直販サイトでの購入をおすすめしています。

※誤った商品を利用することや使用方法を誤ることは、怪我を悪化させる原因になります。

(by 聖徳太子)

このページの先頭へ