捻挫を予防するには

日常生活のアクシデントによる捻挫も、スポーツの捻挫は予防することが可能です。
捻挫は日常生活にも支障をきたし、スポーツマンにとっては、
パフォーマンスへの影響や、練習制限などと大きな悩みの一つです。

当サイトオススメのアフターサポートがしっかりしているオススメショップ

スポーツマンの捻挫予防3箇条

運動前には必ずウォーミングアップしましょう

急に運動を始めると体も準備が整っていないため、思うように動けず転倒や、衝突の原因になります。
ストレッチ(柔軟体操)は十分に行い体の筋肉と関節を十分にほぐしましょう。
特に捻挫をしやすい手首や足首などは十分に行なってください。

サポーター、テーピングを使って足首や指などを守りましょう

オリンピックなどで柔道選手の手に注目した人はいませんか?
手指、手首にテーピングが巻いてあると思います。
陸上選手も同様に、サポーターを使っています。

一流の選手でも怪我をしないように予防しているのです。
スポーツ選手でなくとも、日常生活への影響を考えると予防したいものです。
サポーターやテーピングをすることで、予防ができます。

テーピングは専門的な知識や手間がかかるため、管理人は運動用サポーターをおすすめします。

自分にあった道具を使いましょう

道具が自分に合っていないことが、捻挫の大きな原因の一つです。
足首の捻挫の原因の多くが靴が合っていないためと言われています。

グランドの状況など、環境によってスパイクの種類を変えることで、足首の負担を軽減できます。

日常生活の捻挫予防

階段を踏み外したりという日常のアクシデントも予防することは可能です。
予防をしていれば、軽度な捻挫で済んだ怪我も、骨折など大きな怪我をしてしまうことも多いです。
特に運動不足の人は、関節や筋肉の運動許容範囲が狭まっているので、対策が必要です。

お風呂上りのストレッチ

お風呂やシャワーで体が温まったらストレッチをしましょう!
ストレッチをすることで、筋や関節を動かし可動範囲を広げます。
ストレッチには、怪我や腰痛の予防だけでなく、脂肪を燃焼したりします。

また、老廃物の代謝を促すため、寝つきが良くなるし、疲れも取れやすくなります。

※ストレッチの注意

ストレッチの無理は禁物です。無理なストレッチは体を傷つけることもあります。
「楽しもう!」「気持ち良い」程度で、「長く続ける」ことがポイントです。

メニュー

・捻挫とは 捻挫についての基礎知識や、捻挫の痛みの原因について知りたい方はこちら。
・捻挫の予防 捻挫の予防法はこちらへ。怪我を未然に防ぐオススメする方法です。
・捻挫の治療法 捻挫の応急処置や対処法はこちらへ。実際に柔整師からアドバイスを頂きました。
・捻挫のケア商品 捻挫治癒を促す商品はこちらへ。病院で勧められる商品を集めました。


当サイトオススメのアフターサポートがしっかりしているオススメショップ

このページの先頭へ