捻挫の応急処置

捻挫の症状を最小限に押さえるには応急処置を正しく行うことが大切です。
処置を正しく行い、近くの整形外科で見てもらいましょう。

当サイトオススメのアフターサポートがしっかりしているオススメショップ



①冷やす

捻挫の応急処置はひねった幹部を氷を袋に入れタオルなどでくるみ患部を冷やしてください。
氷を直接患部に当てると冷えすぎてしまうため必ずタオル等で調整してください。

②固定する

傷めた間接全体を包むように、くじいた方向とは逆の方向に、間接をやや曲げて伸縮包帯で固定する。

③患部を上げる

血が患部に集中しないよう、患部を心臓より高い位置に上げてください。

④安静にする

もんだり、引っ張ったり、マッサージしたりしないで安静にしてください。
2−3日は患部を安静にしてください。冷湿布を使用してください。

⑤暖める

2-3日経過したら、回復を促進させるために温湿布を使う。

数日経っても最初の痛みがひかない場合は
骨折や、重度の捻挫の可能性があるため、病院にいきましょう。

メニュー

・捻挫とは 捻挫についての基礎知識や、捻挫の痛みの原因について知りたい方はこちら。
・捻挫の予防 捻挫の予防法はこちらへ。怪我を未然に防ぐオススメする方法です。
・捻挫の治療法 捻挫の応急処置や対処法はこちらへ。実際に柔整師からアドバイスを頂きました。
・捻挫のケア商品 捻挫治癒を促す商品はこちらへ。病院で勧められる商品を集めました。

当サイトオススメのアフターサポートがしっかりしているオススメショップ



このページの先頭へ