捻挫の時の接骨院(病院)の選び方とは?

捻挫したばかりの時には、病院の整形外科を受診して下さい。
病院にはレントゲンや超音波設備があるので、靭帯の断裂はないのか?など異常を詳しく検査してくれるからです。

病院、接骨院・整骨院の違い

病院で検査を受けてから、接骨院や整骨院に通うにもひとつの方法です。接骨院とは柔道整復師法に基づく施設で、柔道整復師という資格を持った人が治療を行います。特に捻挫のような急性のけがは、医療保険が適用されるので安心して通うことができます。

整骨院は厳密にいえば、柔道整復師以外は使ってはいけない名称です。しかし、慣例で許されている部分が多いそうです。整骨院はそれぞれの整骨院によって、オリジナルのカラーがあります。保険が適用できるところもあれば、できないところもあります。整体とほぼ変わらない整骨院もあれば、接骨院に限りなく近いところもあります。そこで、接骨院・整骨院の選び方のコツをお伝えします。

接骨院・整骨院の選び方

【1】急性のけが、スポーツ障害に対応してくれる所を選ぶ

接骨院は急性のけがに対応してくれますが、いざ入ってみるとお年寄りばかり…。ということもままあります。お年寄りばかりの医院は、リウマチや関節痛の治療に慣れている反面、テーピング指導やスポーツ障害に弱い場合があります。保険が適用され、スポーツ障害に対応することを看板などにきちんと書いているところがいいでしょう。

【2】テーピング指導してくれる所を選ぶ

テーピングは初心者のうちは1人で習得するのが難しいもの。普段から通う接骨院や整骨院で教えてもらえたら、自然と覚えることができます。接骨院や整骨院を選ぶ時は、テーピング指導してくれるかどうか、電話で問い合わせてみて下さい。余談ですが、柔道整復師の多くが、スポーツ経験者だったりします。
学生時代のスポーツの思い出話をしながら、テーピングを指導してくれる…なんてことも結構ありますので、テーピングを楽しく覚えることができる人も多いようですよ。

接骨院や整骨院で本当に治るの?

接骨院や整骨院でなかなか治らないと言うことであれば、一度病院を受診して、検査をしてもらいましょう。接骨院などはレントゲン検査ができないので、内側の病態までは見つけにくいからです。しかし、足首や手首を軽くくじく程度であれば、接骨院・整骨院で良くなる人がほとんどです。

このページの先頭へ